JALの株主優待券の値段

JALの株主優待券は、航空券を半額で利用することが出来るものということで株主に配当されたものを使う、というだけではなく売りに出されているような株主優待券を購入して使う、ということもできるのです。

JALの株主優待券は、他の航空会社の株主優待券に比べるとやや値段が高めになってしまうのですが、その点子会社の航空便に使うことが出来るなど、非常に便利だ、というメリットがあるのですね。
JALの株主優待券の金券ショップやインターネットの商品券ショップの相場は5500円から6000円と言ったところですね。
店頭によって、取り扱いの値段も違いますので購入する場合は安く設定してあるところでの購入がいいのではないでしょうか。
金券ショップに比べると、インターネットやANA・JAL株主優待券買取ならACチケットで商品券を扱っているようなところのほうがやや値段が安めになっていますので、此方での購入の方がお得ではないかと思います。
航空機の株主優待券を購入する場合は、基本的にはやはり往復分を購入しなくてはいけませんので、2枚分の株主優待券が必要となるでしょう。
しかし、そうなると数百円の違いというのも結構大きいのですね。
例えばJALの株主優待券となると一番安いのは5400円くらいが今の相場になっています。
しかし、その逆に一番高いものとなると6800円くらいするんですね。
そして、それを例えば2枚ずつ買ったとすれば5400円で購入した場合は2枚組でそれぞれ10800円になります。
6000円のチケットは13600円と2800円も違いが出てくるのですね。
さらに、株主優待券というのはそれだけで航空機に乗ることが出来るわけではなく、航空機のチケットも別に買わなくてはいけないわけですから、航空機のチケットの分の料金もかかってくるわけですね。
そして、航空機のチケットの値段の半額よりも株主優待券の方が安くなくては意味がない、ということでもあるのです。
航空機のチケット代の半額よりも株主優待券の方が高くなってしまうと、せっかく航空機のチケットを半分にしても、株主優待券と足すと寧ろ普通に航空機のチケットを購入するよりも高くなってしまうことになってしまうのです。
なので、株主優待券を購入する時というのはたとえ数百円単位のものであっても安く手に入れるに越したことはないのですね。
そして、もうひとつ株主優待券を使用する場合は航空機のチケットの値段が高いところを狙ったほうがいいというわけです。

新着情報

◆2014/09/10
JALの株主優待券の値段の情報を更新しました。
◆2014/09/10
ディズニーリゾートの前売り券についての情報を更新しました。
◆2014/09/10
日本旅行旅行券の使い方の情報を更新しました。
◆2014/09/10
新幹線回数券の注意点の情報を更新しました。
◆2014/09/10
イオンギフトカードは便利の情報を更新しました。